Cpyright oto decoration. All Rights Reserved.

Please reload

カテゴリ

音符の読み方 コツ1

楽譜を眺めたとき、書かれているメロディがきちんと思い浮かんできますか?

複雑なリズムが並んでると「うえ~」とやる気をなくして、聞き覚えで乗り切っちゃったりして!

 

しかし実は、初心者さんこそ音符をしっかり見るところから始めるのが良いと感じています。

私の生徒さんの範囲ですが、ゆっくり丁寧に音符を理解しながら練習していったほうが、数年後に自在に吹ける様になっている確立が高いからです。

 

焦らなくても大丈夫!

ゆっくり確実に、です。

 

今日はそんな音符のお話。

 

音符ひとつひとつには、それぞれ縦軸と横軸があると思ってください。

縦軸は、ドレミファソラシド~など音の高い低いのこと。

横軸は、1.2.3.4など数のカウント。音の長さのことです。

 

これどちらも大事。

「あ、音間違えたわぁ」と、縦軸は皆さんすごく気にするのですが、横軸のことは違っててもぜーんぜん気にしないことが多いのです。

横軸、かわいそう!

 

カウントが出来ていないと、誰かと一緒に(カラオケ伴奏の場合でも)演奏するときに上手くいきません。サクソフォンは一人で無伴奏で演奏することはあまりないので、初心者さんのうちから準備しておく事が大切です。

 

とは言うものの、

「2つの事を同時に考えることが出来ない」

これもよく聞く!

 

そんな時は一旦ばらしましょう。

まず考えることは横軸、つまりカウント(拍数)のことだけ。

「ルールー」なり「トートー」なり、音符の長さを声に出してみて下さい。

この時は、ドレミファソを気にしない。

注意:理由は追々説明しますが、「ターター」「ラーラー」はおすすめしません。

 

クリアしてから、縦軸のことを同時に。

「ドーミー」とか「ソーファー」とか、ドレミ(階名といいます)で声に出します。

 

最後にやっと、サクソフォンを持って音を出します。

この3ステップを繰り返すのがとても良いトレーニングになります!

 

でも、これであってるんだろうか・・?

と不安になったら必ず先生にチェックしてもらって下さい。

間違えたまま脳に叩き込んでしまったらエライ事です。

 

きっと先生も、同じ事を何度も聞かれたとしてもお付き合いしてくれるはず(笑)

はじめが肝心なのは楽器習得も同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

クリーニング・ペーパーをケチケチ節約しています(笑)
 

楽器を片付ける時にタンポ(パッド)の水分を取りますよね。

2~3枚使って、その濡れたペーパーを100均の薬ケースに入れておくのです。すると、なんということでしょう、次の日には乾いていて再利用できます!!

また、歯紙(唇を守るために下の歯に置く)をちょっとのあいだ置いておくのにも使えます。

さすがに次の日まで置いておくのは気持ちが悪いですが、ちょっとごはん休憩くらいの間なら、どこかにポイと置いておくよりむしろ衛生的かも。乾いてほしいタイプの人は、蓋を少し開けておけば良いのです!

最近はゴ...

楽器を片付ける時、表面をクロスで拭くようにしましょう。

手の油分をそのままにしておくと、酸化による錆、いわゆる緑青(ろくしょう)の原因になります。お化粧や整髪料の成分なんかは思わぬ反応が出る事もあるので大敵です!

またホコリがついた表面をそのまま磨いてしまったら細かい傷が付いてしまい、そこから劣化が始まってしまったりします。

私は、プリマ楽器が販売している「ミクロディア」というクロス使っています。

超極細繊維で出来ていて永久制電加工が施されているそうで、静電気をシャットアウト。選択しても性能はほとんど変わらないという優れモノです。

参考価格:...

最近は楽器ケースも様々なものが出ていますね!

私はアルトとソプラノをほぼ毎日持ち運ぶ上に筋肉不足なので、ケース選びは本当に重要です。

今まで色々試した結果、今はこれに落ち着いています。

アルトは、MB社(マーカス・ボナ氏が創設)のケースを使っています。

現在ソプラノとアルトのダブルケースと、アルトのみのシングルケースが販売されていて色もたくさんあります。11色以上がカタログに載っていて、2色の組み合わせ等のオーダーも出来るそうです。

しかしダブルは私には重すぎて、担ぐ時に腰をやられそうでした・・

結局、ソプラノは購入時に付いているヤマハのハード...

アンサンブルで和音を合わせるとき、音程をとるのに苦労したことありますよね!

ケンカになったりして(笑)

基本的には、まず根音を伸ばし、第5音を重ねて合わせます。

その次に第3音を重ねるのですが、長3和音なら低めに、短3和音なら高めにとらなければうまく響かないのです。

合っていない時は「うねり」が出て揺れて聞こえます。

また、第3音でもメロディー(主旋律)のときは動かさなくて良いのです。

その音だけ低くなったり高くなったりしたら違和感が出るからです。

根音と第5音が、第3音に順応しなければいけないパターンですね。

実際にはもっと複雑な和音があるわけで...