タンギング コツ1

「タンギングすると音程が動いてしまう」というお悩みを聞きます。 原因は様々ですが・・ ◆アンブシュアが動いてしまっている タンギングは舌を使って音を区切る作業なのですが、「ターター」「ラーラー」とイメージしてしまうと、TaTa LaLa・・「a」の瞬間に顎が下がるからです。 そうすると音程も下がってしまい、音の立ち上がりとその後で音程が変わってしまう現象がおきます。 改善するには「トートー」「ルール―」などをイメージして試してみてください! ◆舌をリードにあてる面積が広すぎる 舌の出来るだけ先の方でリードの先端に触れるのが理想ですが、ベタっといってしまった場合は舌全体が大きく動くために口の中の空間までもが広い狭いを繰り返してしまいます。 後々、倍音を捉える練習にステップアップしていくと判ることですが、口の中の空間は音程にかなり関係しているのです。 改善するには、まず息だけで音を立ち上げる練習をした後に、それを軽くサポートする感じで少しだけ舌をあてる・・みたいにトレーニングすると感覚を掴みやすいと思います。 ◆最初の息のスピードが遅い 舌の事に意識が集中するあまりに、息が入ってない場合があります。 音を立ち上げる瞬間は息のスピードが弱く、直後からスピードがぐんと上がる・・すると音程が変わった様に聴こえてしまいます。(実際に変わっていることもある) 改善するには、ロングトーンの時のまっすぐな息を思い出す。そして4分音符76くらいのゆっくりテンポで、2分音符、2分休符、2分音符、2分休符・・という様に、休符を挟んで呼吸を含めて「息の初速」を意識したトレーニングを併せてしてみてください

音符の読み方 コツ1

楽譜を眺めたとき、書かれているメロディがきちんと思い浮かんできますか? 複雑なリズムが並んでると「うえ~」とやる気をなくして、聞き覚えで乗り切っちゃったりして! しかし実は、初心者さんこそ音符をしっかり見るところから始めるのが良いと感じています。 私の生徒さんの範囲ですが、ゆっくり丁寧に音符を理解しながら練習していったほうが、数年後に自在に吹ける様になっている確立が高いからです。 焦らなくても大丈夫! ゆっくり確実に、です。 今日はそんな音符のお話。 音符ひとつひとつには、それぞれ縦軸と横軸があると思ってください。 縦軸は、ドレミファソラシド~など音の高い低いのこと。 横軸は、1.2.3.4など数のカウント。音の長さのことです。 これどちらも大事。 「あ、音間違えたわぁ」と、縦軸は皆さんすごく気にするのですが、横軸のことは違っててもぜーんぜん気にしないことが多いのです。 横軸、かわいそう! カウントが出来ていないと、誰かと一緒に(カラオケ伴奏の場合でも)演奏するときに上手くいきません。サクソフォンは一人で無伴奏で演奏することはあまりないので、初心者さんのうちから準備しておく事が大切です。 とは言うものの、 「2つの事を同時に考えることが出来ない」 これもよく聞く! そんな時は一旦ばらしましょう。 まず考えることは横軸、つまりカウント(拍数)のことだけ。 「ルールー」なり「トートー」なり、音符の長さを声に出してみて下さい。 この時は、ドレミファソを気にしない。 注意:理由は追々説明しますが、「ターター」「ラーラー」はおすすめしません。 クリアしてから、縦軸のことを同時に。 「ドー

Recent Posts
Archive
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon

Cpyright oto decoration. All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now