クリーニングペーパー節約

クリーニング・ペーパーをケチケチ節約しています(笑) 楽器を片付ける時にタンポ(パッド)の水分を取りますよね。 2~3枚使って、その濡れたペーパーを100均の薬ケースに入れておくのです。すると、なんということでしょう、次の日には乾いていて再利用できます!! また、歯紙(唇を守るために下の歯に置く)をちょっとのあいだ置いておくのにも使えます。 さすがに次の日まで置いておくのは気持ちが悪いですが、ちょっとごはん休憩くらいの間なら、どこかにポイと置いておくよりむしろ衛生的かも。乾いてほしいタイプの人は、蓋を少し開けておけば良いのです! 最近はゴミ箱を置かない練習室も増えて、使用済みペーパーを持ち帰らないといけない場合もあります。そんな時の為に、再利用スペース、歯紙保管スペース、ゴミスペースと3つに分かれている薬ケースを使っています。

クロス

楽器を片付ける時、表面をクロスで拭くようにしましょう。 手の油分をそのままにしておくと、酸化による錆、いわゆる緑青(ろくしょう)の原因になります。お化粧や整髪料の成分なんかは思わぬ反応が出る事もあるので大敵です! またホコリがついた表面をそのまま磨いてしまったら細かい傷が付いてしまい、そこから劣化が始まってしまったりします。 私は、プリマ楽器が販売している「ミクロディア」というクロス使っています。 超極細繊維で出来ていて永久制電加工が施されているそうで、静電気をシャットアウト。選択しても性能はほとんど変わらないという優れモノです。 参考価格:2,500

楽器ケース

最近は楽器ケースも様々なものが出ていますね! 私はアルトとソプラノをほぼ毎日持ち運ぶ上に筋肉不足なので、ケース選びは本当に重要です。 今まで色々試した結果、今はこれに落ち着いています。 アルトは、MB社(マーカス・ボナ氏が創設)のケースを使っています。 現在ソプラノとアルトのダブルケースと、アルトのみのシングルケースが販売されていて色もたくさんあります。11色以上がカタログに載っていて、2色の組み合わせ等のオーダーも出来るそうです。 しかしダブルは私には重すぎて、担ぐ時に腰をやられそうでした・・ 結局、ソプラノは購入時に付いているヤマハのハードケースを使って、アルトと別に。 アルトはリュックのように背負って、ソプラノは片方の肩に。もう片方の肩には鞄(これも結構重い)というように、重さ出来るだけ均等にして持つようにしています。 車移動で少しの持ち運びだとしても、ふとしたときにギックリはやって来ます。 毎日の事なので慎重に!

チューニング(和音)

アンサンブルで和音を合わせるとき、音程をとるのに苦労したことありますよね! ケンカになったりして(笑) 基本的には、まず根音を伸ばし、第5音を重ねて合わせます。 その次に第3音を重ねるのですが、長3和音なら低めに、短3和音なら高めにとらなければうまく響かないのです。 合っていない時は「うねり」が出て揺れて聞こえます。 また、第3音でもメロディー(主旋律)のときは動かさなくて良いのです。 その音だけ低くなったり高くなったりしたら違和感が出るからです。 根音と第5音が、第3音に順応しなければいけないパターンですね。 実際にはもっと複雑な和音があるわけですが、アンサンブルではこの基本のドミソ(C-durの場合)の役割を各々が理解していることがまず大事です。 ハーモニーディレクターやチューナー等で基準の音を伸ばしておいて、そこに合わせる練習などもしました。 メーターでぴったりだからといって正しい響きとは限らない所が難しくもあり面白いところです!

チューニング

チューナーを使って音程を合わせます。 (初心者さんはまずソの音だけで良いと思います) 楽器を組み立ててすぐ1回。 ロングトーンなど軽いウォーミングアップをしたあとにもう1回合わせるのが良いと思います。 なぜなら、楽器が息で温まると音程が上がるからです。 また初心者さんの場合はアンブシュアが定まっていないので、ウォーミングアップの前後でかなり音程が変わってしまう事もあるためです。 高すぎたら、マウスピースを少しだけ抜く。 低すぎたら、マウスピースを少しだけ入れる。 スライドホイッスルやトロンボーンのスライドの原理と似ていますね。 「ソ」以外の音はアンブシュアをゆるめたり締めたりして微調節します。 はじめの内は厳密にぴったり!とはいかないかもしれませんが、プラスマイナス20 の範囲内ならセーフとしましょう。 ※上達してきたらベーシックレベルの記事も参照して下さい。

譜面台の高さと角度

譜面台の高さと角度の調節は、見落としがちですが大事です。 首や肩がだるい方や、音の響きがイマイチ・・という方は見直してみて下さい。 立奏(りっそう:立って演奏すること)のときは特に注意。 片面A4サイズの楽譜の時は、楽器を構えてみて首が一番楽な角度になるように譜面台を調整しましょう。 しかし難点があり、ベルと客席の間に楽譜の面の部分が立ちはだかることによって、音の響きがマスクされてしまう場合があるのです。 対策としては、楽譜を片面B4サイズに拡大コピーして見やすさを確保しつつ、譜面台の高さをベルのやや下まで低くする(角度も床と平行に近付ける)方法があります。 暗譜してしまうのが良いのかもしれませんが、曲数が多い時期や複雑な音符が続く曲の時などはどうしても譜面台を使って本番をこなす事になります。 練習も本番も積み重ねると長時間になりますから、少しでも身体を労わって良い音で吹きたいものですね。

キャップの必要性

マウスピース・キャップを使いましょう。 リードの先端は繊細で、服などに引っ掻けると簡単に割れてしまいます。 また急激な乾燥はリードにとってダメージが大きく、1~2分くらい放置しただけでも吹奏感が変わってしまいます。 曲間に司会をする時や、みんなとの練習中に打ち合わせる間など、キャップを忘れると次に音を出した瞬間「え!?こんなはずでは・・」と失敗に繋がりかねません。 リガチャーの形状に合わせて購入しますが、私は基本的にH字リコかハリソンを使うことが多いので、リコのキャップを使っています。 参考価格:1,700円(税別) 耐熱、耐摩耗に優れたプラスチック(オーバーモールド形成というらしい)で、落とした時に音がしにくいのが助かっています。 シーンとした舞台でカッチャーーーン!!は焦りますよね・・ それからキャップ内の容積が少ない分、より乾燥からリードを守れている気がします。 さらに、急いで持ち替えしなくてはいけない時に迷わない様、アルトの方にはシールを貼って判りやすくしています。

楽器の落下防止(アルト、ソプラノ)

楽器ケースのショルダーストラップは、結束バンドで補強して使いましょう。ストラップとケースをカチャンと繋ぐ部分は、気付かないうちに外れています!! 最近は、楽器を買ったらするその場でお店の方が付けて下さる場合が多くなりました。買った帰りに落下したら気分はどん底ですね・・結束バンドは100均でも買えますが、楽器の修理はそんなわけに行きません。 まだの方はすぐに付けて下さいーっ!

楽器の落下防止(テナー、バリトン)

テナー、バリトンはカチャンする部分(←何という名前?)が重さで割れる場合もあるので、緑のマーカーで示したように結束するのがおすすめです。

楽器のメンテナンス

サクソフォンは定期的な調整(メンテナンス)が必要です。 新品の楽器なら、吹き始めてから最初の3カ月くらいは毎月1回のペースが理想的。そのあとは3カ月に1回くらいでも大丈夫。 最低でも半年に1回はメンテナンスに出しましょう。 ケースに入れっぱなし、あるいは15分程度しか練習しない等、吹く頻度が低い方の場合は1年に1回くらいでも良いかもしれません。 キイのメカニズム内にはオイルが充たされていて、練習の度に少しずつ減っていきます。(自分で充填する事も可能ですが初心者さんにはおすすめしません。) また、パッド(タンポ)というキイの内側に付いているクッションは水分を吸収と乾燥を繰り返すことで劣化して歪み等が出てきます。そして密着度が弱くなると、指を押さえているのに隙間(わずかでも)が出来てしまい、思う様に音が出なくなってしまいます。 こららはメンテナンスのプロにしか直せません! 自分では気づかない事もあるので、特に何事もない様に見えても定期的にチェックしてもらう事が大事です。 楽器を購入したお店に尋ねてみるのが良いと思います。 (インターネットでポチっと購入すると、この様な相談が出来ないのでおすすめしません・・)

メトロノーム 効果的な使い方

最終的に、メトロノーム無しでもテンポを正確に感じながら、歌い込んだり、リズムを機敏に吹けることを目指して使用します。 ですので、これがないと吹けない!という状態にならないためにも、付かず離れずの距離感が大事です。 何を隠そう私はこれが苦手で、本番でテンションがあがると無意識に速くなってしまっていたり、逆に歌い込み過ぎてしまって遅かったり、リズムが曖昧でアンサンブル仲間に「わかりにくい」と怒られたり(笑)します。 万人向けではないと思いますが、そんな私が効果を感じた使い方は、 1、拍のあたま(おもて)だけをメトロノームに合わせる 2、拍のうらも(例えば4分音符なら8分音符で分割してメトロノームを鳴らす)合わせる 3、メトロノームを鳴らしたまま録音して聴いてみる (4、ショックを受けて1に戻る) しばらく繰り返して自信がついたら、メトロノーム無しで吹いてみる。 (コケる) まるでコマ無し自転車に乗れるまでの道のりみたいですが、本気でやると難しいのです。 複雑な拍子やリズムの所は、分割を3連符や16分音符くらいまで細かくしてトレーニングする場合もあります。 私はこれぐらいやって、やっと人並みに近付けている気がします。 憎きメトロノーム・・いや、良き相棒として仲良く過ごしたいなと思っています。

練習教材

練習内容はバランス良く! ・メカニカルな練習(音階など) ・練習曲(レベルに応じた教則本などを使う) ・お好きな楽曲(本番を控えた曲など) これらを、短い時間でも良いのでコンスタントに続けることが秘訣です。例えば15分+15分+15分など。 好きな曲だけをどうにか仕上げる・・という練習しかしない場合とでは、長い目で見た時、楽器そのものの上達度に違いが出て来ます。 どんな曲にも対応できる、しなやかな基礎体力を持ちたいものです。 音階練習は、上がって降りるの基本的なものから始めて、スラー有り・無し、スタッカート込み、3度・4度の跳躍、アルペジオ、半音階など、習熟度によって使い方を増やして行くことをおすすめします。 特定の曲だけしか吹いていないと、そこに出てこない音はなかなか育ちません。 全音域の全ての音を出来るだけカバーするイメージで練習メニューを組むと良いのではないかなと思います。 「サクソフォーンのためのトレーニングブック」 著者:須川展也 発行所:株式会社東亜音楽社 発売:株式会社音楽之友社 参考価格:1,200円(税別)

サクソフォンの種類

1846年にパリで特許を取り、木管楽器に分類されます。 ベルギー人の、アドルフ・サックスさん(1814~1894年)が発明しました。 かつて200フラン紙幣に肖像が使われていました。 ソプラニーノ ソプラノ アルト テナー バリトン バス コントラバス(ほとんど使われる事がありません) 主にこちらの7種類があり、中でもソプラノ、アルト、テナー、バリトンが一般的に広く使用されています。 まずアルトで基礎技術を身に付けてから、お好みによって他をプラスして練習するという順が理想的です。 近年は、様々なメーカーの研究の成果が実り、音程や操作性がかなり向上しました。 比較的まだ歴史が浅いサクソフォンではありますが、今まさに進化中で、私たちもその過程に参加している!・・かも!! と、思うだけでわくわくしませんか。 楽器店に行った時は、歴史ロマンを感じながらサクソフォンを眺めてみて下さい。

練習教材

カラオケCD付き楽譜もたくさん販売されていて、早くお目当ての曲を吹きたくなりますね。 もちろんチャレンジしても良いのですが、指づかいを覚えたばかりの方や、音符を読むのに時間がかかる方は、CDの速さに着いて行けない事もあります。 当然です。気にしなくて大丈夫。 初めにも書きましたが、練習はゆっくり確実にです! 例えば、サクソフォン2重奏の曲集から取り組んでみてはいかかでしょうか? できるだけ易しそうで、知ってる曲が多く掲載されている曲集を選びます。 そうすると、音符を読み間違えた時や指がうまくいかなかった時、自分で「何か変だった!」と気付いて直す事が出来ます。知らない曲をひとりで練習していると、間違っても気付かないまま・・なことも。(私はよくあります) 2段に分かれていて、上の段はメロディー、下の段はハモリや伴奏として書かれている楽譜なら、レッスンの時に先生が下の段を吹いてデュエットしてくれるかも。 隣で先生の素敵な音を聴きながら真似をすることは、効果的なトレーニングであると共に、将来アンサンブル(誰かと一緒に演奏すること)するための貴重な経験として身に付きます。 どの曲集を選んだら自分のレベルに合っているか最初は判断が難しいと思うので、先生におすすめを尋ねてみて下さいね。 写真の楽譜は、私の生徒さんで特に50代以上でご趣味として習っておられる方々に人気の 「やさしいアルトサックスデュオ vol,1 スタンダード80曲」 発行所:アルソ出版株式会社 参考価格:2,592円(税込)

練習時間の目安

初心者さんから「どれくらい練習するのが良いですか?」という質問をよく聞きます。 どのくらいの初心者さんかによりますが、年齢に関係なく、今日初めて吹いたという方は30分程で口の端から息漏れし始めてしまう事が多いです。 これは普段使わない、顔(ほっぺた、唇まわり)の筋肉を使っているからです。しかも速い息を漏らさないようにマウスピースに送りこんいるので疲れて筋肉の力がゆるんでしまうのです。 休ませるしか復活方法はありません! 5分で良いので口と顔をだらーんとして筋肉を休ませて下さい。 そうするとあと10分は練習出来るかもしれないし、出来ないかも(笑) これで合計45分間ですね。 まずは1週間、このくらいの時間で毎日続けてみて下さい。 たぶん息漏れも軽減されて良いアンブシュア(口の形)を保てるだけの筋力がついて来ていると思うので、先生にチェックしてもらって下さい。 その後は1~3日おきの練習に減らしたとしても筋力を保てるはずです! 良くないのは、息漏れ状態のまま練習を無理に続けること。 音符を読む練習をしたり、好きな音のプレイヤーのCDを聴くなどしたほうがためになります。

練習時間の目安

練習時間は、長ければ長いほど上達するとは限りません。 年齢にもよりますが一度に新しいことを習得するには限界があり、詰め込み練習しても次の日にがっかりな状態な事も。 でも少しでも上達したいですよね。 私もそう思います。 学生の頃の練習時間は、午前中に2時間、お昼休みに1時間、放課後に2時間、夜1時間の合計約6時間の日々。日曜日も大学に行っていました。 比較的多いほうだったと思います。 しかし、卒業すると一変します。 演奏の仕事が入る時間はバラバラだし、合わせ練習は場所も様々、時間も短いコマの連続で、何から準備したら良いんだ?という状態でした。 そんなのを10年間。 長いこの生活の中で得たことがあります。 「午前中に2時間」 これが習得に効率の良い時間だと感じています。 毎日が理想ですが、難しい場合は1日おきでも2日おきでも。 出来るだけ間を空けない様にするのがポイントです。 さらに、ギリギリの状態だけどどうしても間に合わせたい本番がある時は、練習と練習の間に仮眠を挟みます。 例えば、午前中に2時間、午後はお仕事などをこなして夕方に仮眠し、夜に2時間、など。 これで2日分の習得に近い感じになります。 もちろん、時間にゆとりがあれば1回あたり3~4時間でも良いですが、その場合は2時間で休憩を入れること。(車の運転でも同じですね。) 社会人の方や音大・音高ではない学生さんには、より厳しい時間の制約があると思います。 たとえ10分だけだったとしても楽器に触る時間を捻出できるかどうかが上達の鍵です!

練習教材

「サクソフォンの為の50のエチュード~易しく発展的な~」 著者:Guy LACOUR(ギ・ラクール) 発行所:BILLAUDOT(ビヨドー出版) 参考価格:第一巻1,930円(税抜)、第二巻2,150円(税抜) 第一巻が1~25番、第二巻が26~50番。 初心者さんは1番から順に進み、中級者さんは苦手な項目の番号(例えばスタッカートなら8、10、11、12あたり)から攻める使い方が良いのではないかと思います。 初心者さんでも、この楽譜を手に取る頃にはどなたか先生に習っている事と思います。早く進むことばかりを気にしないで、丁寧に一つ一つの技術を習得して行っていただきたいと思います。 音楽大学などで専門的に学んでいる学生や、プロとして演奏活動を始めてからも、このエチュードに何度も戻ってきます。そのくらい、様々なレベルで様々な使い方が出来るエチュードなのです。 私も、今は表紙が取れてしまいページの角もボロボロになってしまいましたが使っています。

練習教材

管楽器メソード・シリーズ「サクソフォーン教本」 著者:大室勇一 発行所:株式会社ドレミ楽譜出版社 参考価格:1,000円(税抜) こちらも1986年に初版発行という古い教本です。 しかし、テッパン!! 2012年までの間に第44刷までいっています。 こちらは、「シ」、シが終わったら「ラ」、ラが終わったら「ソ」、という様に指づかいを習得していく順番が丁寧。 要所で低・中・高音域の練習が組み込まれていたり、先生と生徒の2重奏の楽譜が出て来たりします。 きっとその辺りまで進む頃には、ちょっとした疑問等がたまってきて先生に教わりたくなるはずです。自己流で解決しようとぜずにその項目は保留にして、教室を探すことをお勧めします。

練習教材

楽器を手に入れてから教室が決まるまでの間、自分ひとりで練習を始めたい! 何時間でも練習出来そうな気がする! そういう時期ってあります(笑) 何から始めたら良いか判らない方のために、おすすめの楽譜をご紹介します。 「いちばん やさしい サクソフォーンレッスン」 著者:小串俊寿 発行所:株式会社オンキョウパブリッシュ 参考価格:900円(税抜) タイトルがひらがなだけあります。 <キミのはじめての音をつくる本>というサブタイトルも付いています・・ この本の特徴は、文字も図も大きい。 シニア世代の拍手が聞こえて来そうです。 1999年で第10刷発行となっているので、写真が少々古い感じはしますが、それを差し置いて判りやすい。 必要なポイントがドーン、ドーン、と載っている感じでやる気が出ます。

会場を想像する。

本番の会場で練習が出来ればそれが一番良いけれど、大体は当日に現場入りですよね。そしてリハーサルの時間も限られています。 対策として、事前に会場のリサーチをする事もあります。 ・絨毯なのか板張りなのか ・客席までの距離? ・客席数(会場の広さ)は? ・ひな壇なのかベタ床なのか ・舞台の天井の高さ ・反響板はある?(横にもある?) などなど・・ これが少しでも把握出来れば、リード選びも捗りますし、本番当日のそわそわも軽減されます。 それ以前に、普段から色々な演奏会に出向いて会場の様子を知っておく事は、いつかそこで演奏するかもしれない自分のためにも良い事ですね。 お客さんとして一度見ておくと、舞台に立った時に俯瞰して自分を見られる気がします。 同業で頑張る仲間を見ることでモチベーションが上がるし、何より、会場が賑わっていると出演者はかなり嬉しいと思います!! コンサート聴きに行こう。

Recent Posts
Archive
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon

Cpyright oto decoration. All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now