新着記事

メトロノーム 効果的な使い方


最終的に、メトロノーム無しでもテンポを正確に感じながら、歌い込んだり、リズムを機敏に吹けることを目指して使用します。

ですので、これがないと吹けない!という状態にならないためにも、付かず離れずの距離感が大事です。

何を隠そう私はこれが苦手で、本番でテンションがあがると無意識に速くなってしまっていたり、逆に歌い込み過ぎてしまって遅かったり、リズムが曖昧でアンサンブル仲間に「わかりにくい」と怒られたり(笑)します。

万人向けではないと思いますが、そんな私が効果を感じた使い方は、

1、拍のあたま(おもて)だけをメトロノームに合わせる

2、拍のうらも(例えば4分音符なら8分音符で分割してメトロノームを鳴らす)合わせる

3、メトロノームを鳴らしたまま録音して聴いてみる

(4、ショックを受けて1に戻る)

しばらく繰り返して自信がついたら、メトロノーム無しで吹いてみる。

(コケる)

まるでコマ無し自転車に乗れるまでの道のりみたいですが、本気でやると難しいのです。

複雑な拍子やリズムの所は、分割を3連符や16分音符くらいまで細かくしてトレーニングする場合もあります。

私はこれぐらいやって、やっと人並みに近付けている気がします。

憎きメトロノーム・・いや、良き相棒として仲良く過ごしたいなと思っています。

カテゴリ
​これまでの記事
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon

Cpyright oto decoration. All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now