新着記事

練習教材


練習内容はバランス良く!

・メカニカルな練習(音階など)

・練習曲(レベルに応じた教則本などを使う)

・お好きな楽曲(本番を控えた曲など)

これらを、短い時間でも良いのでコンスタントに続けることが秘訣です。例えば15分+15分+15分など。

好きな曲だけをどうにか仕上げる・・という練習しかしない場合とでは、長い目で見た時、楽器そのものの上達度に違いが出て来ます。

どんな曲にも対応できる、しなやかな基礎体力を持ちたいものです。

音階練習は、上がって降りるの基本的なものから始めて、スラー有り・無し、スタッカート込み、3度・4度の跳躍、アルペジオ、半音階など、習熟度によって使い方を増やして行くことをおすすめします。

特定の曲だけしか吹いていないと、そこに出てこない音はなかなか育ちません。

全音域の全ての音を出来るだけカバーするイメージで練習メニューを組むと良いのではないかなと思います。

「サクソフォーンのためのトレーニングブック」

著者:須川展也

発行所:株式会社東亜音楽社

発売:株式会社音楽之友社

参考価格:1,200円(税別)

カテゴリ
​これまでの記事
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon

Cpyright oto decoration. All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now