Cpyright oto decoration. All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon

 

野島 レナ  RENA Nojima 

Birthplace:JAPAN 

YAMAHA:YSS-875EXG  YAS-875EXG  YBS-62Ⅱ

Selmer:S90-170

D'Addario:RESERVE3.5(alto) Vandoren:Traditional3.5(sop)

兵庫県出身。幼少の頃からヤマハ音楽教室で音楽に親しみ、後に愛知県の津野音楽教室にてピアノとソルフェージュを学んだ。中谷中学校吹奏楽部でサクソフォンに出会い、アンサンブルコンテストではエリア初となる全国大会に出場を果たした。
広島音楽高校器楽科に進学。単身での寮生活を送りながら、佐藤美穂氏に師事。仲間にも恵まれ、様々な楽器とコラボレーションし刺激を受ける。
大阪音楽大学に進学。篠原康浩氏に師事すると共に、ユージン・ルソー氏、フィル・ウッズ氏、ロジェ・ブートリー氏の公開マスタークラスを受講。
最優秀賞を受賞し首席で卒業。いずみホールで受賞記念演奏会が催された。東京読売新人演奏会、ヤマハ新人演奏会など、大学の推薦を受け東京と大阪で数々の新人演奏会に出演。2004年~2010年のあいだに、浜松国際管楽器アカデミーを受講。ジャン=イヴ・フルモー氏、須川展也氏のクラスを修了。新進音楽家競演会「なにわ芸術祭」で新人奨励賞を受賞。
後に、大阪音楽大学音楽専攻科を修了

2007年~

大阪市が運営する若手音楽家育成支援事業「大阪AIS」のアーティストに選抜され、デビューリサイタルを開催。以降、関西各地で活発にコンサート活動を展開。

在住している兵庫県猪名川町から親善大使の任命を受け、「阪神芸術祭」にて母校を含む町内の中学校吹奏楽部との共演も果たした。須川展也氏に師事し研鑽を積む。

 

2009年~

藤岡幸夫氏の指揮のもと、関西フィルハーモニー管弦楽団と初めてのコンチェルト共演。自身の委嘱初演2曲を含む6曲を共演し好評を得る。

ウクライナ国立フィルハーモニーとグラズノフの協奏曲を共演。キエフの会場をスタンディングオーべーションに沸かせた。ブルガリア国立ソフィアフィルと、現地ソフィアにて委嘱作品「JAPANESQUE」(泉里佳作曲)を共演。

2012年~

デビュー5年目を機に、プロ・サクソフォン奏者によるアンサンブルグループ「SAX PARTY!」を主宰。自身も所属し演奏活動の幅を広げている。

日本を代表するサクソフォン奏者である須川展也氏を音楽監督に迎え、主催公演を兵庫県芸術文化センターにて2回、阪急うめだホールにて1回、ザ・シンフォニーホールにて2回催す。

 

特に、ザ・シンフォニーホールとはジョイント・ベンチャー制度として数々の共催企画が実現。

クリスマスコンサートとしてプロジェクション・マッピングを用いた公演は、子どものための、大人のためのと題して2種類のプログラムを演奏。

 

設立3年目にしてKOBELCO大ホール、大阪市中央公会堂など主要ホールに出演を果たす快進撃は音楽誌に掲載されるなど反響を呼び注目を集めた。

これまでに得られた多くの経験から運営と方針を見直し再構成。

4名がメンバーに加わり、須川氏と11名での新たなスタートとなった。

SAX PARTY! -ofissial web site- → http://saxparty.net

​近年~
郷の音ホール(兵庫県三田市)のレジデンシャル・アーティストに選抜される。2016年から2年間、郷の音ホールをホームにコンサートに出演。また市内の小学校に訪問し、アウトリーチ活動の一環として公演を行っている。
ヤマハ管楽器デモンストレーターも務め、ソリストとして学校吹奏楽部との共演も多い。
自身はデビューから10年、SAX PARTY!も5年の節目を迎え、活動の幅を広げている。

I began playing the saxophone when I was 13, and graduated from the Hiroshima Music High School. I received the best student award from the Osaka College of Music and graduated at the top of the class. Afterwards, I completed a post-graduate course in music.

I was selected as an artist for the Musician Training Support Program of the city of Osaka, and debuted in 2007. Beside performing a lot of recitals, I performed both within and outside Japan, with the Kansai Philharmonic Orchestra, the Bulgarian National Sophia Philharmonic, the West Japan Philharmonic Orchestra, etc. Especially in my performance together with the Ukraine Philharmonic, the audience in the hall in Kiev was brought to a standing ovation. I also took up the position of goodwill ambassador for my hometown, and, visiting various places, have continued with activities concerning the creation of concerts in which everyone from children to the senior generation may enjoy.

Furthermore, from 2012, I have been the leader of the ensemble "SAX PARTY!", which is comprised of 12 professional instrumentalists, including myself. We are proceeding with our activities with Nobuya Sugawa, the saxophone performer representing Japan, as our music director. My venture agreement with the shrine of classical music, The Symphony Hall, expired in 2016. In recent years, beside regularly performing in Kobe.

Up until now, I have studied the saxophone under Miho Sato, Yasuhiro Shinohara, Yumiko Komura and Nobuya Sugawa. I've studied chamber music under Asako Inoue and Ken'ichi Kamizuka.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now